海老江 八坂神社

御由緒 交 通 年中行事 境内案内
人生儀礼

赤ちゃんの儀礼
着帯祝
妊娠5ヶ月目の戌の日を選んで岩田帯をつけるに当たり、お祓いを受け安産を祈願します。

命名
赤ちゃんが誕生したら、先ずは名前を決めなくてはなりません。役所への出生届は生後14日以内に提出すればよいのですが、誕生から7日目を「お七夜」といい、命名をします。
名前はお子様の幸せを祈って、慎重に考え、読み方の難解なもの、あまり奇抜な名前はほどほどにしたいものです。決まりましたら命名書を書き、家の神棚などに貼ってお披露目します。

初宮詣
赤ちゃんが生まれて男児は30日目、女児は31日目以降(地域によって違いがあります)に、初めて神様にお詣りします。
氏神様に子宝を授かったことを感謝申し上げ、「これから先健康に育ち立派に成人しますように」とお願いします。尚、参拝日は母子の健康状態を見て日を選んで下さい。

お食い初め
生後100日又は120日目に赤ちゃんにはじめて本膳(一汁三菜)を食べさせるまねをする儀式を「お食い初め」といいます。「この子が一生食べ物に困らないように」という親の願いが込められています。
また、丈夫な歯が生えるよう「歯固め」として小石を添える習慣もあります。

初節句
女の子が生まれて初めて迎える3月3日、男の子が生まれて初めて迎える5月5日を初節句といいます。
女の子の初節句は「桃の節句」「上巳(ジョウシ)の節句」ともいわれ、娘の幸せな将来を願い嫁入り道具の雛形を飾ります。雛あられ、菱餅などの縁起物をお供えしますが菱餅の赤・白・緑の色は桃の色・白酒・蓬(ヨモギ)を表し、これらには邪気を祓う力があるとされています。
男の子の初節句は「端午の節句」ともいわれ、滝登りをする鯉のように力強く育つことを願い鯉のぼりを飾ったり、立身出世するよう鎧兜・武者人形を飾って、健やかな成長を祈ります。

子供の儀礼
七五三詣
3歳を「髪置(カミオキ)」といい男女とも、5歳は男児の「袴着(ハカマギ)」、7歳は女児の「帯解(オビトキ)」の祝いといって、11月15日に氏神様にお詣りし、これまで成長してきた事を神様に感謝する行事です。
髪置とは、誕生後初めて髪を伸ばし始める儀式で男女共に3歳の吉日を選んで行いました。袴着というのは、5歳の男児が初めて袴をはく儀式です。帯解は7歳になるまで着ていた着物から、付け紐だけとって、初めて本格的な帯を締めることができるようになったことをいいます。
七五三が11月15日に行われるようになったのは、その日が暦の上で満月に最も近い日であり、陰陽道でいう最上の吉日とされているからです。稲の収穫を終え、天候の安定した時期ということもあります。

勧学祭
桜ほころぶ春4月には、待ちに待った入園、入学式が行われます。幼稚園の入園、小学校の入学にあたり、神社では学業成就と身体健全を祈願する勧学祭が行われます。特に小学校への入学の際には、集団生活を始めるにあたり環境の変化にいち早く慣れ、精神的にも、身体的にも落ち着いて楽しく学べるようお参りします。

大人の儀礼
成人式
成人式とは、子供の段階から大人の社会へ仲間入りするための儀礼をいいます。昔、男子は十五歳前後になると、衣服を改めて冠をかぶる「元服加冠」(ゲンプクカカン)の儀式を行い、大人になったことを祝いました。女子は髪を初めて結い上げる「髪上げ」の儀式をもって大人になった証としました。これが成人式の始まりといわれています。
神前に詣で大人としての自覚を深めるとともに、社会有為の人間となることを誓います。

結婚式
神様のおみちびきで2人が結ばれた事を感謝し、末永く幸福な家庭を築くことを神前にお誓い致します。
現在、広く行われている結婚式の形式は、明治33年、当時の皇太子殿下(後の大正天皇)と九條節子姫(後の貞明皇后)のご成婚に始まります。宮中の歴史においてはじめて賢所(カシコドコロ)の神前で婚儀が行われ、この皇室のご婚儀を契機として民間においても、神社の神前で執り行われる神前結婚式が生まれ、それが次第に普及し現在のように定着してきました。

厄除
厄年とは、災難に遭遇したり、病気にかかったり、事故に遭うなど、身辺に不幸や災いが起こりやすい年齢のことをいいます。
数え年で、男は25歳・42歳・61歳、女は19歳・33歳・37歳・61歳といわれ、特に男の42歳、女の33歳は「大厄」ともいわれています。
厄年とは、私たちの祖先が永年にわたる営みを通して心と身体の調子が不安定になる年齢というものを体得し、我々子孫にまで伝えられてきた社会的慣習のことです。

長寿のお祝い
父母、祖父母たちをはじめ、一家のものが長寿であることほど、おめでたいことはありません。人生経験豊富な年長者に敬意を表し、ますますの健康と更なる長寿を願ってお祝いをいたします。
「還暦」(カンレキ) 61歳
還暦の字のとおり、十干(甲乙丙など)と十二支が生まれた時と同じになる、つまり暦が元に戻ることから名付けられたもので、生まれた年の干支を「本卦」(ホンケ)ともいい、「本卦がえり」ともいいます。
「古希」(コキ) 70歳
中国の詩人・杜甫の詩「人生七十年古希希なり」から取った名称です。
「喜寿」(キジュ) 77歳
喜びという字の草書体が七十七と読めることから「喜字の祝い」ともいわれます。
「傘寿」(サンジュ) 80 歳
傘の略字が八十に読めることからきています。
「米寿」(ベイジュ)88歳
米の字を分解すると八十八になることからきています。
「卒寿」(ソツジュ) 90歳
卒の略字が九十と読めることからきています。
「白寿」(ハクジュ) 99歳
「百」という字から一番上の一を取ると「白」になることから、百引く一で九十九歳をいいます。
「上寿」(ジョウジュ)100 歳
このうえない長寿という意味で100歳以上のお祝いをさします。